口周りのくすみの原因にはなにがあるの?

くすみの原因にはいろいろあるのですが、口周りのくすみの原因で多いのが
メラニン色素の沈着によるメラニンくすみと乾燥によってできてしまう陰影くすみがあります。

 

メラニンくすみの原因で多いのが炎症性の色素沈着。口の周りをこすったりすることで刺激を受けた肌がメラニンを作りだしてしまってくすみが発生してしまいます。お肌のお手入れのときに化粧水をたたき込んでパッティングしたり、クレンジングで力いっぱい拭き取ったりする人は注意が必要です。このような炎症性の色素沈着によるくすみは美白化粧品が効果が高いといわれています。

 

 

もう一つが乾燥によるくすみ。肌は乾燥すると角質細胞がめくれ上がり肌が微妙にデコボコになってしまい影ができてしまいます。この影が黒っぽく見えてしまいくすみとなって表れてしまうのです。乾燥だけでなく寝不足やストレスなど肌荒れによるくすみはこの陰影くすみの可能性が高いです。

 

口の周りはお肌が薄くメラニンくすみのような刺激にも弱く、また体調不良や乾燥などによる肌荒れも起こしやすい場所なので注意が必要です。

 

口の周りのくすみが気になりだしたら、メラニン対策と乾燥対策で(もちろん体調管理もしてくださいね)くすみは解消すると思います。
当サイトでおススメしている美白ケアは保湿効果が高いものなのでメラニン対策と乾燥対策を同時にできますので安心ですよ。

 

 

⇒メラニンと乾燥を同時にケアする美白化粧品

 

 

 

 

 

くすみっていったいなに?

くすみっていったいなんでしょう?

 

日本化粧品工業連合会が提唱しているくすみの定義は「血流の低下、肌の凸凹、メラニン色素の沈着等によって肌の明度が低下すること」としています。肌の透明感がない、白くない、状態をくすみと呼ぶそうです。

 

ですからシミやくま、シワなど明らかな要因のあるものはくすみと呼ばないそうです。ですから自分でくすみと思っていたものが実はシワであったり、くまであった場合は美白化粧品で解決することは難しいと思います。ただ、口の周りの透明感がないと感じているものは上記2つのメラニンくすみと陰影くすみによるものが多いようなのでまずは美白ケアがいちばん向いていると思います。

 

もし明らかなにシワなどによるくすみであった場合は他の方法(エイジングケアなど)でケアしてあげることで解決することもあるかもしれません。自分のくすみの原因はなんだろう?とじっくり鏡を見て自分の口の周りを観察してみるのもいいかもしれませんね。